への字稲作とは

中田ファームの稲作りはすべてへの字稲作で行っています

さてこのへの字稲作って何だろう?
少し紹介してみましょう

通常の稲作は元肥と穂肥をやりますのでV字型に葉色が変化するんですが
への字稲作は元肥をやらず穂肥もやりませんがその中間に追肥をするので
葉色がへの字型に変化するからそう呼ばれています。

への字追肥してからしばらくしての我が家の稲の写真です


株が横に広々と広がっているでしょう
無肥料で田植えしたので苗は肥料を求めて深く広く根を伸ばすので
地上部の葉っぱや茎も広く開帳した形になるんです

一般的な栽培をしている同じ頃の稲は


元肥をやっているのですぐそばに肥料があるからから根っこを伸ばさない
だからぞっくりとして横に広がっていませんね
この傾向が最後まで続きますので中に閉じ込められた茎はなくなってしまいます


稲が肥料をほんとに欲しがってる時にだけやるのがへの字稲作で
稲本来の育ち方 つまり株分かれした茎が元気に育つんですね。

一般の稲作では保育園児や小学生にどんぶり飯を食わして肥満児にしてしまい
青年になった時には腹ペコにしてしまう稲作ですが
への字稲作は青年の働き盛りの時にどんぶり飯を食べさしてあげるやり方なんです

への字型に育った稲は最後まで活力がありますので長い穂ができ
葉の色もゆっくりと褪めていきます


だから美味しくいお米が取れるんだと思います

我が家では6年ほど前から「への字稲作」に変えましたが
この時からお米の味がコロっと変わって美味しくなりました。

だから沢山の方に我が家だけのお米を味わっていただきたく
個人販売を始めたんですよ。

への字稲作では最初に広く少なく植える 
我が家では1本苗で植えるのを目標にしてますので少し技術がいります
田植え機の精度が良くないと植わってない所がいっぱいできますしね
だから一般的じゃない あまりやりたがらない稲作のようです

現在では菜の花の緑肥や鶏糞でやっぱりへの字型の稲作を続けています。

ログイン・会員登録

お問い合わせフォーム

カートの中身

カートに商品は入っていません

カートの中身変更は

カートの中身の取り消しや変更は
をクリック